会社方針

最悪の選択を避ける知恵を授ける

 廃業予定の会社を、起業家にあっ旋する「廃業会社あっせん業」を、事業譲渡M&Aビジネスの一環として行う。

(1)会社株式の譲渡
   事業を廃業を予定する社長(事業者)に会社(株式)
   自体を売る提案営業を行う。

   ※ 会社を畳む前に、事業の後始末として「物」を
     処分するのではなく、会社の株式を売る発想を
     提案する

(2)起業家への廃業会社あっ旋
   「会社設立」予定者に、廃業予定会社の買取を、あっ
   旋する。

    ※ 事業廃止の会社は毎年30万社ある。一方で起 
      業家は毎年30万人いる(中企庁統計)。

  


CEOメッセージ

CEO

アアクスグループ株式会社の代表取締役で税理士・行政書士の堂上孝生(どうがみたかお)と申します。

弊社の主要業務「事業承継M&Aビジネス」も多くの競合を輩出するほど活況を呈しています。

その競合を避けるため、若干の特化業種への専攻営業と共に、中小企業の廃業見込み会社の社長を説得して、起業家への「居抜き」での会社株式売却を提案する手法を確立することとします。

事業開発に要する期間は、10年と見込みます。このビジネスは現行M&Aビジネスの進化で、あと5年程度でM&Aビジネスの主流をなすものと判断します。

売買マッチングは、「理事会員」処遇で提携中の株式会社日本M&Aセンターの『M&A@net』システムによります。

弊社側のM&A技術は既にマスター済みです。事業開発のターゲットは、主に営業開発です。これに10年を費やす覚悟が必要だということです。

まずは要員を絞り、3人体制で行います。
なお、他の者は弊社2本立てビジネスのもう一方の柱「起業家への決算申告サービス」を緊張感を持って推進します。


会社沿革

1982年11月
税理士事務所の別会社として発足。以後、目的を変更して現在に至る。
2000年頃
株式会社日本M&Aセンターと提携。弊社からの顧客情報の営業開発を始める。
2014年秋
2014年「きんざい」の民間資格「M&Aシニアエキスパート」を取得。
2015年4月
日本M&Aセンターの提携拡充により「理事会員」となる。
※この資格により『M&A@net』マッチングシステムの利用権を得る。
2015年10月
日本M&Aセンターとの共催による「月次セミナー」の拡充推進を決議し、専門誌での集客広告を継続することとした。